オンラインギャンブル業界で活用される「デジタルマーケティング」とは?

オンラインギャンブルビジネスは、2021年度には596億ドルの市場価値をあげましたが、さらに2027年までに平均11.5%の年間成長率で発展し続け、1,100億ドルという巨大な市場規模になると予想されています。実際のところ、現在のオンラインカジノは、従来の実店舗カジノが提供したエンターテイメント性をすべて兼ね備えています。

そんなオンラインカジノを運営する上では、「デジタルマーケティング」は非常に重要な要素です。人気オンラインカジノともなれば、新規顧客の獲得と既存顧客の維持のためにコミュニケーション手段をうまく活用しています。デジタルマーケティングを効果的に駆使することで、自社サイトへの訪問者を増やすことができます。そこで今回は、30億ドル規模だったオンラインカジノやギャンブル運営会社が、デジタルマーケティングによってどのような成長を遂げてきたのかを詳しく検証していきます!

ソーシャルメディアのアカウント

今日のオンラインギャンブル企業は、アクティブなソーシャルメディアの公式アカウントを複数所有しており、ギャンブルゲームサービスを販売するだけでなく、数多くの潜在顧客とコミュニケーションを取るためのプラットフォームとしても活用しています。例えば、Facebook広告を利用して、まだメーリングリストに登録していないユーザーをターゲットにします。この場合、FacebookのLookalikeターゲティング機能を活用することで、既存顧客と趣味や習慣が似ているユーザーをリストアップし、より効果的な広告を展開することができるのです。国・地域によって異なりますが、たいていのオンラインカジノは、18歳以上または21歳以上しかアクセスできないため、Facebookなど成人向けのソーシャルメディアに注力しているようです。逆に、TikTokといった10代や若者が多く利用するソーシャルメディアは、投資対効果を生み出せません。

コンテンツマーケティング

オンラインカジノ企業は、FAQ(よくある質問)のセクションや個人ブログで魅力的なコンテンツを発信し、読者の関心を高め、マーケティングを行っています。ただし、特定のオーディエンスにリーチするために、有益かつ適切なコンテンツを作成しなければなりません。こうしたコンテンツはまた、新規顧客や初心者がどのようにカジノを始めればよいかを学ぶのにも役立ちます。コンテンツが優れているかどうかは、インバウンドトラフィックとリードを促進する上で最も重要なポイントのひとつです。最近では、bet365やPokerStarsなど、多くのオンラインカジノがカジノレビューサイトと協力し、マーケティングコンテンツを発信しているようです。

アフィリエイト広告

アフィリエイトとは、商品・サービスを推奨することで報酬を得るマーケティングの一種で、低コストで高いコンバージョンを得られるチャネルとされています。アフィリエイト広告では、企業はウェブサイトの運営者に依頼し、報酬と引き換えに自社サービスの宣伝をしてもらいます。一般的に、オンラインカジノ企業は、ユーザーが広告をクリックしたり、ウェブサイトを訪問したりするたびに、一定の手数料を支払う決まりになっています。地元のカジノやゲームに関する情報を発信するsmartcasinoguide.comといったサイトと提携している企業もあるようです。

SEO対策

今日では、ゲームドメインにおけるトラフィックの大半が、非ブランドキーワード(特定のブランドや事業名に言及しない検索ワード)によって占められるようになっています。casinomodule.comやstackpathdns.comなど、一部のギャンブルサイトでは、非ブランドトラフィックがウェブトラフィックの100%を占めているそうです。SEMRushの統計によると、非ブランドキーワードの上位には、「ロト」「宝くじ」「ポーカー」「メガ」などが挙げられています。企業は通常、競争力の高いキーワードを採用しようとするため、ウェブサイトのSEOに影響を及ぼします。その結果、検索エンジンのトップページに表示されるようになり、関心のあるユーザーに注目される確率が高まるのです。また、ユーザーの興味や目的を理解することで、適切かつ有益なコンテンツを作成することができるでしょう。